EN

House in Nagasaki 2008

長崎に計画した住宅。「坂の街」と同化するような、都市構造そのものを建築の生成原理とした住まいの形を提案した。

切妻のシンプルな塊を左右2つに分け、階段を通した。住宅内部の階段を半屋外空間として外観に現すことで、建築内部に都市空間を挿入する。吹き抜けの玄関、各階のアプローチとして機能するこの空間は家全体を「斜め」に分節する。そうして生まれる1階のひとつながりの共有空間と、上階に向かって徐々に独立性が高まる諸室によって、2世帯という用途に応えようとした。木造3階建ての9つに分割された架構の対角線に位置する階段は、全体の構造を補強する斜材としても機能している。

僕自身が生まれ育った長崎での体験、それはどこまでが坂で、どこからが家なのかわからないというものであった。上っていくにつれて徐々に細く入り組んでいく、そうしたランドスケープを住宅の内部にまで拡張することで建築と都市の境界を曖昧にしようとした。

Site: Nagasaki
Program: House
Structure: Wood
Floor: Three Story
Architect: Yu Momoeda
Structural Engineer: Motoshige Kusaba
(Kusaba Structural Design)
Completion: Unbuild